ぶち壊されたファンタジー

なんですかねこれ・・・

>NOAH一夜明け会見

――鈴木選手が昨日、中嶋選手に対戦を迫ったときに「負けたほうがここを去れ、それが条件だ。最終決戦で全面対抗戦だ」とおっしゃっていたのですが、このことについて会社としてどのように受け止めていますか?
会社としてそもそも単純に看過できる話ではないので、一概に『わかりました』となってはおりません。
――鈴木選手が言っていた「負けたヤツはここから去れ」というコメントですが、鈴木軍が負けた場合にノアから去るというのはわかるのですが、万が一ノア自体は負けた場合は、どのような認識でしょうか?
いやあ、就任1カ月足らずでこんな大きな問題を提示されても、どうしていいかわからないというところなんですけど。

完全に興覚め。

鈴木みのる最後にして渾身の仕掛けかと思ったら・・・

ここまでの根回しが出来ていなかった?

ある意味ファンタジーとリアルの融合がプロレスであり、
もちろんリアルがあるのは重々承知で、それでもファンはファンタジーを見ていたいんですよね。

ファンタジーの舞台に上がってくるのであれば

「わかりました!負けたらノア解散を賭けましょう!」

くらいこの新会長が言ってくれてもいいと思うんです。
いやむしろ公の場で会見するくらいならそう言うべきなんです。

しかも2日、3日の2日間になったことについても
>我々としては興行会社ですので、このようにしたいという意向もあって。

なんだこれ

翌年以降のスケジュールが出てるのも、団体としては出さざるを得ないとうことなんでしょう。
であれば「団体存続アングル」は結局無理があるってことでしょうか…?

ここまで盛り上げてきて・・・ドラマとしては最悪の局面です。見る側のモチベーションダダ下がり。

なんだかね・・・いろいろ残念すぎます。

幕引きの仕方を間違えないでほしい

おそらく、新日本プロレスのオーナーもTwitterで言っているとおり新日本プロレス側には今回の事業譲渡の件は本当に知らされていなかったのではないでしょうか?
どんなやりとりがノア、エヌとビー、そして新日本プロレスとあったのかわかりませんが、正直ここまでのノアは鈴木軍によって、ひいては新日本プロレスによって生き長らえてきたようなものですよね?その結果がこの仕打ちなのであれば「もうシーラネ」となってもおかしくない。ま、ノアもそもそもいつ鈴木軍を引き揚げるかという問題に直面してはいたので良いきっかけだったかもしれまんが、これだけはお願いします。ここまで盛り上げた鈴木軍の去り方はキレイな、カッコイイ(もちろんプロレス的に)そして誰もが納得できるような形を作ってほしい!