生観戦の記憶と今の新日本プロレス

生観戦の記憶

とはいえ、生観戦というと正直そんなに回数は多くありません。

新日本プロレスでの生観戦でいうと、おそらく小学生か中学生当時、後楽園ホールに友達と連れ立って行ったのが最初でしょうか・・・。今思い出すとなぜか後楽園ホールの落書きだらけの階段を人でぎゅうぎゅうにもみくちゃになりながら昇っていった記憶しかありません。もう息もできないくらいでなんだこれー!新間出せー!と周りのオトナに同調して叫んでいました。正直試合のことはあまり記憶にないですね。・・・今思うとなぜ階段を昇っていたのかな・・・。後楽園ホールはその後も何度か観戦に行った記憶があります。それ以外だと田園コロシアムに帰りが遅くなるからダメとの両親の反対を強引にねじ伏せ観戦にいきました。どうやって行ったのか覚えてませんが(汗)田園コロシアムはビジャーノⅢ号とタイガーマスク戦だったかな・・・しかし、試合の記憶がないのは残念ですね。で、当時はよく会場内で選手が他の選手の試合を見てました。そこへプロレス少年としてサインをお願いすると意外とすんなりしてくれるのです。なのでプロレス会場にはサイン色紙を10枚くらい抱えて持って行っていました。そうやって集めたなかでも一番のお宝サインはあの上田馬之助のサイン。たまたま機嫌がよかったのかタイミングがよかったのか、会場内で見かけて恐る恐る色紙を差し出すとすんなり書いてくれたのを覚えています。友達のなかでも上田馬之助のサインはちょっとした話題の的でした(笑)あと、当時は会場の外とかで「生写真」を売ってました。まあ今じゃ考えられないですが、素人さんが撮った選手の写真(主に試合中の写真)を1枚100円だったか200円だかで売ってたんです。それを見るのも好きでワタシもブロディやハンセンの写真を買った覚えがあります。

そんな少年時代以降ほとんど生観戦はしていません。その後のプロレスネタはもっぱら週プロでした。そう、ワタシはゴング派ではなく週プロ派でした。理由は特にないんですが、しいて言うと週プロのほうが写真がキレイだった気がします。ゴングの写真はなんか暗い気がして・・・。その後週プロの購読をやめてからはネットでの拾い食い状態ですね。という感じで新日本プロレスの流れ的なものはなんとなく網羅・把握しているつもりになっています(笑)そのため当ブログでも記憶違い、曖昧な知識で書いていることもあるかと思います。。。なるべく気をつけますが、何卒ご笑読ください。

ここまでワタシが新日本プロレスにはまった魅力を書き連ねてきました。

で、

今の新日本プロレスをどう思っているか

紆余曲折あって今の形になっているとは思いますが、超私的な感想・印象です。

(1)ルーティンムーブのお披露目会?

ルーティンのムーブは全部出す。全部出してからが勝負?特に現IWGPチャンピオン→(全部出してから引き出しがなく相手の技使ったりするから叩かれる)いわゆる論争の巻き起こった学芸会?ダンス?お遊戯?そう揶揄されるのもわかります。
それと試合終盤のエルボー合戦?これなんですかね?ブックに書いてあるの?シングルでは全試合これがある気がしますが・・・ホントなんなんでしょこれ。あと露骨に「もも」叩きすぎですね。もも叩きはここぞという技のときなるべくわからないようにやってほしいです。

(2)ルーティンマイクのお披露目会?

棚、オカダ、内藤・・・やっぱり会場に行ったら生で聞きたいんだとか一緒に合唱したいんだという意見も聞きますが、これ必要かな・・・?言いたいことがあればマイクを持てばよいかと。なければ持たなくてよいんでは?昔はリング上でマイクを持つと実況のアナウンサーが「あ!お!マイクを持った!!」と絶叫したものですよね。それくらい特別なことだったかと。

(3)勝負論は超希薄(ストーリーありき)

これはワタシの無駄な知識のせいかもしれませんね。純粋に勝ち負けを楽しめないというか、ブックありきで次の大会とかその後の展開とかを考えてしまう。本当はそこを華麗に裏切ってほしいんですけどね。長州vs藤波なんかどっちが勝つかわからない・・・猛烈に猛烈に猛烈に・・・声が枯れるほど長州を応援してましたね。もっともっとゾクゾクするような心の底から声が出ちゃうような試合を見たいものです。

(4)「生の感情」とかはNG?ナシ?

試合のなかで攻撃を受けても倒れないなどの意地の張り合いはしますが、あいつには負けないとかなんであいつにばかりチャンスが与えられてるんだとかのドロッとしたジェラシーのような渦巻く情念のような感情は・・・NG?見せる選手いませんね。ま、今や実際には誰もそんなこと思ってないのかもしれませんが(笑)こういう生の感情こそが魅力だったし、その後の勝負にも感情移入できたのにね。

てな感じで正直どうかと思うことは色々あります。
(もちろんこれすべて新日本プロレスに限ったことではないですけど)

ただ世間的に今すごいブームになっているので今の現状が正義かと思いますが、こんな意見もあるということで・・・。
あ、「マニアがそのジャンルを潰す」と誰かが言ってましたね(苦笑)そうならないように現状は現状の新日本プロレスとして今後とも楽しみたいと思います。

スポンサーリンク