Road to DONTAKU それぞれのベルトの行方

いよいよ後楽園ホール2連戦から今シリーズが始まりました。ここから福岡までの流れを時系列ごとに追い、その後の展開を予想してみたいと思います。

4月27日(木)広島大会

【IWGP Jr.タッグ】
金丸義信&タイチ vs ロッキー・ロメロ&バレッタ


前回の4.9両国観戦記でも書いたとおり、このベルトは明らかに人材不足。どちらが勝っても次の展開が見えません。メンツがいないなかで鈴木軍はCHAOSとしか絡ませていないことを考えると鈴木軍が勝っても次の挑戦者は邪外しかいません。CHAOSのジュニアにはオスプレイがいますが、タッグに出るのはパートナーがいないんですね。一方、ロッキー&バレッタが勝つと次の相手は本隊もしくは鈴木軍、バレットクラブも絡めます。リマッチであることとを考えるとロッキー&バレッタのベルト奪取かな?

【IWGP NEVER無差別級シングル】
後藤洋央紀 vs 鈴木みのる


これも4.9両国観戦記でも書いたとおり、2月にオカダに負け、さらに「3番目のベルト」に挑戦するこの試合が鈴木みのるの負けブックであるならば、それこそ新日本プロレスのなかに今後鈴木軍であり鈴木みのるの居場所は完全になくなります・・・。もはやその後で何をしゃべっても説得力はゼロになるでしょう。(ま、勝ってもまだまだ厳しいとは思いますが…)さすがに鈴木みのるをそこまで追い込まないとは思いますので、この試合は鈴木みのるのベルト奪取と予想します。で、その後の展開としては次の挑戦者をCHAOSからと限定すると・・・前哨戦でのみのるの執拗な絡み方を見ると・・・次戦はオスプレイかな?鈴木みのるvsウィル・オスプレイ・・・ファンタジー満載で楽しめそうです。

4月29日(土・祝)別府大会

【IWGP Jr.シングル】
高橋ヒロム vs リコシェ


しかしまー、ヒロムはかっとばしてますね(笑)キ〇ガイキャラがだいぶ板についてきました。・・・だってベルトさんと一緒に風呂入るって・・・いやーなかなかエグイです(笑)この感じ・・・意外に受け入れられてそうなので・・・今回は高橋ヒロムの防衛かな。ホントはリコシェ勝利でオスプレイとの防衛戦かなと考えていましたが・・・。う~ん…でもパターンもありそうなんですよね。あの物議を醸しだしたリコシェvsオスプレイをIWGPのベルトがかかった試合として見てみたい気もしますね。ただ、わたしはあまりあの試合を肯定しない派です。

【IWGP インターコンチ】
内藤哲也 vs ジュース・ロビンソン


内藤さん荒ぶってますねー。ここまで勝って当然、デハポン合唱が保証されてる大会なんだからお得だと煽っていると、むしろ内藤さんの負けブックなのかと疑ってしまいますが実際どうなんでしょ?・・・たしかに今年に入ってからの新日本プロレスのジュース推しには目に余るものがあります。結果を見れば、1.4Codyに負け、NEVER無差別級後藤に負け、NJCP二回戦負け・・・この実績でなぜ2番目のベルトに挑戦できるの????内藤さんでなくてもこれくらいの疑問が不満と共に沸き起こります。未だ絶大な会場人気を誇る内藤さんを蹴って、新日本プロレスがファンの感情無視でジュースをチャンピオンにまで仕立て上げるか?
・会社のジュース推し
・内藤さんの勝って当然発言
・ベルトドリブルによって批判殺到
ここまで条件が揃えばジュースの勝利になりそうな予感がします・・・が!今の因縁具合などを考えると内藤さんが勝利することで、もう一試合組まれている棚橋vsEVILが活きてきます。ということで色々な条件を覆して内藤さん勝利を予想。

【その他】
棚橋弘至 vs EVIL


棚橋復活ロードの第一弾。EVILにとってはNJCPで勝っているのに関わらず得もない試合を組まれてしまい、正直もう少ししっかりした復活への道を予想していましたが、結構特に理由もなしにリベンジ、復活しそうな感じがします。ということでこの試合は棚橋勝利。そして先のインターコンチ挑戦で敗れたジュースのリベンジも含めて内藤さんに挑戦でしょうか?う~ん・・・若干安易なブックな気が・・・。

5月1日(月)鹿児島大会※内藤さんの要求カード?


ジュース&棚橋&田口&リコシェ&タイガーマスクW
vs
ヒロム&BUSHI&EVIL&SANADA&内藤

マスク剥ぎも予告している内藤さんですが、なにげにこの試合楽しみですね。福岡でのNEVER無差別級6人タッグの最後の前哨戦ではありますが、内藤・ジュース、棚橋・EVIL、ヒロム・リコシェはすでに結果が出ています。そのなかでそれぞれの組み合わせがどんな絡みを見せるのか?また内藤さんとWのからみはもちろん、SANADAとWとか今後の展開にも影響を及ぼす試合、いやぜひ影響する試合になってほしいと思います。

5月3日(水・祝)福岡大会

【IWGP NEVER無差別級6人タッグ】
棚橋弘至&田口隆祐&リコシェ vs SANADA&EVIL&BUSHI

ま、前回から書いてますとおり、ロスインゴの無駄使い。正直…延々続くこのカードの落としどころがわかりません。田口ジャパンの面白さもわかりません。もちろんお笑いとしてならいいですが、新日本プロレスの試合としての面白さを感じられません。これ、ホントにどうするんでしょ?ホントにこの一言、、、ロスインゴの無駄使い。このブームの間に出来ることあるでしょ!?なんだか腹立ってきました・・・。いわゆるジョバーは必要だと思うんですが、新日本プロレスのリングに果たしてお笑いが必要なのか…新日本プロレスのリングは闘いの場であってほしい・・・せめて、せめて、せめて、タイトルに絡まないでほしい。絡ませないでほしい。矢野と田口・・・。

【IWGP タッグ】
ウォーマシン vs 天山広吉&小島聡 vs ゲリラズ・オブ・デスティニー


先日の後楽園ホール開幕2連戦の2日目、ワールドで観戦しましたが、メインイベントの「棚橋&ジュースvs内藤&EVIL」…かなり良い試合でした。ホントにIWGPタッグのタイトルマッチはこれくらいの試合をしてほしい!と節に思います。人数は多い新日本プロレスでも、やっぱりこういう試合が出来る選手は限られちゃうんですね。今ってシングルのベルト持ったらそれ以外のベルトに絡ませない感じですよね。なんというか、もうシングル、タッグの2冠とかもありじゃないでしょうかね?そうしないとタッグベルトは結局格落ちみたいな扱いになっちゃいます(もうなってるか…)たとえば、古くは猪木&藤波、長州&浜口、蝶野&天山とかみたいに内藤&EVILのタッグ王者なんて誰もが認めますよね?オカダ&石井とかタッグ王者って感じしますし・・・・ケニー&ファレだって説得力ありますね?…って、結局この3チームプラス真壁本間、ブリスコ兄弟も入れて5チームとかで回してる感じなので、そんなベルトの行方に興味はありません。勝敗予想…う~んGODかな?ま、誰が持っても一緒なので。

【IWGP シングル】
オカダ・カズチカvsバッドラック・ファレ


さんざん前哨戦でオカダがKOされてますね。ま、これは完全にオカダ防衛のフリでしょうね。さすがにここまで無双化してきたオカダをファレには転がせないかと。で、この日組まれている石井対ケニーでケニーが勝ち、いよいよ1.4の再戦ですかね・・・。

【その他】
石井智宏 vs ケニー・オメガ

先に書きましたが、やはりここはケニー勝ってオカダとの再戦に持ち込むでしょう。申し訳ないですが石井が勝ってもその先の展開がありませんので…。ただ、試合自体は非常に楽しみではあります。

【その他】
Cody vs デビッド・フィンレー

せっかく新日本プロレスに参戦してるのにどうも物足りないカードです。
じつはここになにか事件なり起こってくれないか期待しています。

という予想を踏まえると

ネットや各方面から言われているとおり、この一連の防衛戦はインターコンチは「内藤 vs 棚橋」、そしてIWGPヘビーは「オカダ vs ケニー」に至る布石のようですね。あの1.4の海外(特にアメリカ)での反響を考えるとやはりロス大会にはこのカードを何らかの形で絡めてくることが予想されます。ただし・・・ロス大会の前にスーパーJカップがあって、さらにビッグマッチは6月に大阪城ホール大会があるんですよね。大阪でこの2大タイトルをやっちゃうのか?大阪ではインターコンチをメインにしてIWGPはロスにまわすか?インターコンチをやるにしてもたとえば、Codyが絡んでいって「Cody vs 棚橋」なんてカードも面白いですね。勝者が内藤さんに挑戦なんて・・・。

とりあえずゴールデンウィーク、生観戦できる人は羨ましいですね。わたしはワールドでその先の展開も見ながら観戦したいと思います。

スポンサーリンク