考えられる【Time bomb】とは?


いよいよ11/5にTime bombの謎が明らかになります。

いいですねこういう仕掛け。まさにプロレス的仕掛けです。

鈴木みのる:「NOAHのなかに裏切り者がいる!」
内藤哲也:「両国にはパレハを連れていく!」

こういう謎かけ・・・プロレスファン?マニア?大好きなんですよね。

で、この「Time bomb」ですが、最初の登場は今年の8.14、G1最終戦。1920時間のカウントダウンが始まりました。最初はただのカウントダウン開始から徐々にその内容が追加されていき、最終的には「胎児」「大阪」「アメリカ・日本・イギリス・メキシコの国旗」が盛り込まれました。・・・先日の10/30後楽園大会で最後のTime bomb映像があるかと思いましたが、残念ながら休憩明けに新たな映像はなく後半戦がスタートしました。なのでヒントはここまで。

ううううううんんんんん

なんでしょう・・・。
正直まったくわかりません。

ま、とはいえ、わからないなりに検証すると、
先に挙げたヒント要素含めいくつかポイントがありますね。

重要なのは・・・8/14時点で11/5に爆発すると決まっている(言い切ってる)ことです。
明確に日時が決まっているとなると、、、【選手関連】のことだと難しくないでしょうか?
たとえば選手の凱旋帰国、移籍、ユニットの変更、ヒールターン、ベビーターンなどは・・・たとえばその想定している選手が怪我したり、病気したりしたらさすがに爆発したくでもできません。2か月半先にどうなっているかはなんの保証もありませんよね。ここまで長期にわたり興味を引き、引っ張る以上その日時にしっかり爆発させることができること(要は団体がハンドリングできていること)だと思うんです。

そのためその時点での何かのアクションではなく、発表だと思うんです。

■海外団体とのさらなる突っ込んだ提携発表

すみません、ワタシROHなどの他団体詳しくないのでなんとも言えません・・・。WWE(NXT)との提携とかだったらありですね。そうすると、中邑の最終試合が明らかな引き抜きなのにノンキに「壮行会」と謳ったのも納得いきます。

■来年以降の大会スケジュールの発表

たとえば、この勢いに乗ってドームツアー(大阪ドーム大会開催)とか、G1両国三連戦を大阪でやるとか、海外ツアーをやるとか・・・。

■2ブランド化の発表

なんとく宙ぶらりんなノアも含めた団体の構造改革。上場準備のための売上の底上げが急務と考えると、開催興行数を増やすのはある意味手っ取り早いですね。なんならノア、全日本、W-1を全部M&Aでくっつけちゃってほしい!

■TV放映時間のゴールデンタイム復帰発表

う~ん・・・すでに「ワールド」とか発信がネットに変わりつつあるなか、これを重大発表とはしないとは思いますが…。

と、、、、いろいろ考えましたが、「blow up 爆発」と考えるとどれもこれもしっくりきません。
否定はしましたが、やはり選手がらみの「爆発」が結局は面白いとは思います。

ということでドキドキしながら11.5を待ちたいと思います。